ブログ 哲学 小説 自己啓発

夢を手放す方法

夢を叶えるゾウについて

 夢を叶えるゾウという本をご存知でしょうか?

本の内容を簡単に説明すると、物語の主人公が自分の夢を叶えるためインドの神様であるガネーシャに夢を叶えるための課題をもらい、課題をクリアしながら夢の実現を目指すという、小説のような作りの自己啓発本です。

この夢を叶えるゾウシリーズは2021年時点で4冊出てるのですが、夢を叶えるゾウ4の後半に夢を手放す方法が書かれていました。

本のタイトルに反して矛盾しているような内容ですが、書いてあることが興味深かったので、この記事では夢を手放す方法についてまとめていこうと思います。

夢を手放す方法

まず、今の世の中は昔の人が頑張って夢を叶えた時代だということです。

どういうことかというと、当たり前ですが昔は今のようにインターネットもスマホもなかったわけです。もっと昔で言ったら、移動するのにだって車がない時代もあったわけじゃないですか。

そういう昔の人たちが自分たちの生活を豊にするために頑張って作ったのが今の時代というわけです。食糧は店に行けば簡単に手にいれることができますし、インターネットはとても便利です。人昔前の人からすれば今の時代はすでに夢が叶った状態だというわけですね。

ですが、便利で不自由ない時代になっても多くの人はまだ今の自分の生活に満足していません。これは何故かというと一言で言えば『人の夢は終わらねぇ!!』ってことですよ。黒ひげ理論ですよ。

夢が叶えばそれ以上のものを欲して、それも叶えばまたそれ以上を欲すと、人の欲望は尽きないという事ですね。だからいつの時代もみんな夢に飢えてます。

どこまで行っても夢が終わらないなら、今の生活が昔の人たちが夢にみた平和で便利な不自由のない状態だということを受け入れれば、金太郎飴みたいに永遠に終わらない黒ひげ理論から脱出して夢を手放すことができるということです。

夢を手放してしまえば、夢が叶ってないという苦しい状態から解放されて自由になります。そんな生き方もあるよってことが書かれてました。夢を追う生き方と手放す生き方、自分にあう方を選択しましょうって事ですね。

ちょっと本を読んでて面白かったので、まとめてみました。

結構極論なのでエンターテイメントとしてみるのが良いと思います。本自体の物語もとても面白かったので気になる人は読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

-ブログ, 哲学, 小説, , 自己啓発
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 八谷.com Powered by AFFINGER5