ブログ 漫画

漫画版 ドラゴンボール エピソードオブバーダック紹介感想!ネタバレ

こんにちはマカマグです!

皆さんはドラゴンボールエピソードオブバーダックをご存知でしょうか?

ドラゴンボールエピソードオブバーダックとは!

簡単に説明するとカカロット(孫悟空)の父親、バーダックが主人公の物語です。バーダックが惑星ベジータを守るために1人でフリーザに挑み殺されたその後を描いた作品になっています。

このエピソードオブバーダックはアニメも存在するのですが僕が紹介するのは漫画版の方です。

因みに原作・監修/鳥山明 漫画/オオイシナホという事で漫画自体を鳥山先生が書いている訳では無いのですがそこに関しても個人的には読んでいて全く気になりませんでした。

あらすじ!

惑星ベジータと共に消し飛んだはずのバーダック、しかし目覚めると知らない家のベッドの上、さらに外には惑星ベジータとよく似た風景が目にうつる。

バーダックを手当てした医者が言うにはこの星の名前は惑星プラント。

バーダックがしる限りでは惑星プラントは惑星ベジータの元の名前だった。

ということで早い話が過去に飛ばされたバーダックがフリーザの祖先チルドと惑星プラントの運命をかけて戦う話である!

まとめ

この漫画の見所としましてはやはりバーダックがスーパーサイア人になるところですかね。

ヒーローズでは既に3にまでなってたような気がしますけど、やっぱりこういうのは過激なドラゴンボールファンからすれば反対なんですかね?

スーパーサイア人のバーゲンセールよりも凄い事になってますからね、まぁ結論はバーダックはカッコいい!

このエピソードオブバーダックの単行本は2014年の最強ジャンプの付録なので興味のある方はAmazonやメルカリで探してみて下さい!

ドラゴンボールエピソードオブバーダックの紹介でした!

終わり。

-ブログ, 漫画
-

© 2021 マカマグの足跡 Powered by AFFINGER5